不動産の損得をみつけて良い物件を探そう

SITEMAP

紙の家

マンションの選び方について

数年前に分譲マンションを購入して暮らしていましたが、転勤のため土地を離れることになり、現在は賃貸で借家にしています。買うときから予測はしていたのですが、転勤の可能性がある場合、マンション購入は単身赴任が前提となるか、それが叶わない海外や遠方への赴任のケースについて、売却や賃貸に出すことを想定しておく必要があります。私はその点を踏まえて、購入するマンション選びの際に基準を考えていました。

1つ目は、完全に駅近であることです。良く言われることですが、マンションは利便性がとても重要だそうです。たとえどんなに素晴らしい仕様だったり、おしゃれな物件だったとしても駅や生活環境の便利さには叶いません。売却に出すときも評価が高いですし、賃貸に出してもすぐに入居者が決まります。私はこの点を重視して、駅、地下鉄、バスのすべてが1分以内という立地の物件を購入しました。

2つ目は、免震構造であることです。巨大なタワーマンション以外で、10~20階程度のマンションの場合、免震構造であることは、非常に重要なメリットです。特に、東日本大震災において、被災地マンションでの被害の差は歴然としたものがあり、免震マンションは耐震と比べ、あれほどの揺れでも物が落ちたり、壊れたりする被害も少なく、外はぐちゃぐちゃの有り様でも、ほとんどの家の片付けすら必要なかったと言われています。今後大地震は日本のどこで発生してもおかしくないので、構造的な優位性は大きな価値になるようです。

3つ目は、世帯数の多さです。意外かと思いますが世帯数が多いと、管理費や共益費は格安になる場合が多いです。また、人数が入る分、管理組合や自治会の組織もしっかりしており、マンション自体の価値向上に向けた取り組みも盛んに行われています。そういうマンションであれば、売却や賃貸に出す上で、住人にとっては大きな安心感や魅力となって選ばれやすくなるようです。

わたしはこの3つの点を重視して物件を購入しました。実際暮らしてみて、快適そのものでしたし、転勤が決まってからも、すぐに借り手がついてオーナーとして副収入を得られるようになりました。また、近隣の評価も上がり、購入したときよりも売値は高くなっています。不動産会社からの売却斡旋や相談が後を絶えません。

転勤族の方がマンションを選ぶのは覚悟が必要と思いますが、上記の考え方を冷静に取り入れてぜひ失敗の無い物件購入をしてほしいと思います。

一人暮らしの物件の選び方

私は大阪の八尾市で一人暮らしをしています。
待ち論賃貸マンションを借りているわけなのでありますが、その時にどのようなことに注意していけばいいのかなどをここでは書いていければいいなあと思っております。これから一人暮らししようかなあと思っている人や一人暮らしを始める間近のひとにはぜひともよんでいただきたいとおもいます。
私はやはり一人暮らしをするときに気を付けるポイントの一つとして、賃貸マンションの場合やはり家賃が重要になってきます。
理想を追い求めるとやはり賃貸マンションも家を買うのと同じでものすごいいいものがあります。しかしそのような物件というものはからなず高いものです。ましかなり安かったら何らかのいわくつきの物件なのかもしれないので大家さんなどに聞いてみたり、インターネットで調べてみたりしてみてください。教えてくれなくとも最近では情報社会ということで調べていれば何らかの情報が出てきますので、そこの部分はインターネットに信頼を寄せて大丈夫だと思います。
私は家賃について提案をしてきましたが、やはり継続して住むことを払えると現実的な値段の家賃のところに住むのがいいと思われます。私も皆さんの一人暮らしがいいようになるように願っています。


求人サイトを見ていてもなかなか自分の思うような求人がみつからないですよね。そんなときは八尾市求人でさがしてみてください。待遇の良い求人が見つかりますよ。

オススメリンク

楽器を演奏する方にとって夢の防音室を手に入れるなら防音工事大阪で定評のあるサウンドプランニングにお願いするのがおすすめ!



new posts

menu

TOP